偏食と病気

【子供の便秘】は偏食が原因?便秘の悪循環を断ち切る方法とは

更新日:

子供の便秘に困っているご両親は、やっぱり偏食との関係を疑ってしまいますよね?

 

「子供が野菜嫌いなので便秘になっている」とか「お菓子ばかり食べているから便秘になる」と考え、なんとか野菜中心の食事にしようと頑張ります。

 

でも、子供がなかなか野菜を食べてくれなくて困っているご家庭が少なくないと感じます。

 

子供の偏食と便秘には、ずばり関連性があります!

 

というのも、日本小児栄養消化器肝臓学会が出しているこどもの便秘に関する論文で、きっちり便秘の原因と改善方法が示されているからです。

 

そこでこのページでは、お子さんの便秘で悩んでいるご両親に、最新の論文の内容をわかりやすいようにまとめて解説させていただきます。

 

便秘と偏食の関係性について、目次の順番に解説し、最後には子供の便秘の改善方法もご紹介しますので、お時間のある時に最後まで読んでいただければ嬉しいです。

※ここで取り扱うのはあくまでも「機能性便秘症」で、便秘の原因になっている病気や薬の副作用には言及していません。

 

便秘とは?

便秘 治療法

 

まず便秘とはなんぞや?という事から解説していきます。

 

便秘とは御存知の通り、大便が長期間出なかったり、出ても非常に排泄しにくい状態を指します。週に3回未満だったり、5日以上便が出ない日が続けば便秘と考えます。

 

もちろん、毎日出ているとしても、出すのに苦労するほど便が硬く痛みを伴ったり、肛門から出血はあればそれも便秘といいます。

 

ここまでは一般的な便秘の症状ですが、便が柔らかくても、少量の便が一日に何回にも分けて出る場合、小さいコロコロ便が頻回に出る場合は、腸内に便が溜まりすぎている状態なので、これも便秘といえます。

 

便秘で治療が必要な状態になったら「便秘症」といい病院で診断されます。

 

「便秘症」が1ヶ月以上続くようであれば「慢性便秘症」と診断されます。

 

便秘症を放置するとどうなる?

便秘症を放置してしまうと、悪循環を繰り返してお腹が張ったり吐き気が出たりするだけでなく、巨大結腸症や遺糞症といった病気につながる恐れがありますので、早いうちに治療する必要があります。

 

・巨大結腸症とは
巨大結腸症とは、腸の壁にある超自体の神経がうまく機能しなくなり、食べ物や便を肛門方向へ運ぶ蠕動運動が止まってしまい、腸がギュッとしぼんだ状態になります。
そのため、便は腸内に貯まる一方で、腸が異常に膨らんだように張ってしまい、腸閉塞(腸が詰まった状態)のように便で腸が詰まってしまいます。

 

・遺糞症とは
遺糞症とは便失禁の事で、4歳を超えた子供が衣服などに便を漏らしてしまう状態のことをいいます。もしトイレで便ができるようになりおむつを取っているのに、液体の便や軟便がパンツについていたら、この状態を疑います。
遺糞症は、便秘になり硬い便が出しづらくなると肛門の前の直腸に硬い便が溜まってきます。すると身体はそれを排便しようとするため、硬い便は排泄されずに周囲の軟便や液体便だけが勝手に排出されます。
頑固な硬便が直腸に詰まっているサインになるのが遺糞症ですね。

 

 

子供の便秘の特徴

子供の便秘 改善

子供が便秘になる割合は、10人に1人以上かもっと多いと言われています。

主にミルクから離乳食に変えた時期や、離乳食が終わること、トイレットトレーニング、学校に通いだした頃、といった節目に便秘症が始まりやすいと言われています。

 

便秘症は子供が成長すると共に自然に治るものではありません。まずは病院で適切に治療を受ければ、数日から2ヶ月で、「週に3回以上快適に便が出る状態」になります。

 

そしてその状態を保てると1~2年で便秘症が治ることが少なくないです。長期的には大人になるまで治療が必要な場合がありますが、生活や食事、正しい処方で快適に暮らせます。

 

もちろん、治療は早く始めたほうが経過が良くなるので、自分だけの知識に頼らずに小児科のお医者さんに見てもらいましょう。

 

便秘症は、特に大人の女性にも多い病気なので、自己流の治療法を子供に行ってそれでいいと思っているお母さんがまれにいます。

 

子供と大人では違いますし、便秘が起こってる原因が違えば対処法も変わりますので、まずはお医者さんに判断してもらいましょう。

 

子供の便秘は悪循環する

便秘症は放っておくと悪くなると前述しましたが、子供の場合、便秘が悪循環を起こす可能性があるので注意が必要なんです。

特に2~3歳の子供に多いので、その年代のお子さんが便秘症ならご両親はすぐに病院で治療を開始してあげましょう。

 

子供の便秘の悪循環は、この図を見ながら解説させていただきます。

子供の便秘

【参考資料】こどもの便秘 - 日本小児栄養消化器肝臓学会

 

2歳~3歳のような小さい年頃のお子さんは、硬い便を出した時に肛門が切れ痛みを感じると、便を出したくないので我慢するようになります。

 

便は我慢していると便意が無くなるので、排泄すべき便がそのまま腸内に残ってしまいます。すると、大腸が出なかった便から水分を吸収してしまい、便はさらに硬くなり、次に出すときにはもっと痛い思いをしてしまいます。

 

これが、オレンジ色の小さい方の悪循環です。

 

そして、お子さんが便を我慢して腸内に便を溜めると、直腸が拡がってしまい直腸が便を溜めることに慣れ、便意が起こりにくくなります。

 

便意が起こらないのでますます便が腸内に留まる時間が長くなり、さらに便は水分を吸収されて硬くなっていくというわけです。

 

これが緑色の大きい方の悪循環ですね。

 

大人と違い、子供は排泄時の痛みから我慢することを覚え、この負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

便秘を悪化させる原因は?

便秘 解消法

小さい子供は便意を我慢することで、便秘を悪化させる悪循環になりやすいことがわかりました。

 

それではここで、便秘を治りにくくし慢性便秘症にしている原因、便秘症を悪化させる事例をまとめました。

 

育児・生活状況の問題

主に育児中や生活状況の中で、便秘を悪化させる原因となるものをまとめました。

  • 強制的トイレットトレーニング
  • トイレ嫌い
  • 学校でのトイレ忌避
  • 親の過干渉
  • 性的虐待
  • 家庭環境の変化
  • いじめ

主に心の問題やトラウマに関連する事例が多いですが、これらは便秘を長期化させる原因になります。

 

トイレットトレーニングを無理強いさせたり、子供が便秘で苦しそうだからといっていつでも強制的に浣腸で排泄させていると、子供が排便に悪印象をもってより我慢するようになってしまいます。

 

悪循環の手助けをしてしまうことになりかねないんですね。

また、これは仕方が無いことかもしれませんが、小学生は学校で便をするとからかわれるのが嫌で我慢する傾向にあります。

 

学校でも便意があればすぐにトイレに行けるような取り組みが必要かもしれません。

 

便量の減少と乾燥

便の量を減少させたり、便の水分がなくなり乾燥することで便が硬くなり便秘を悪化させる原因です。

  • 低食物繊維食
  • 慢性的な脱水
  • 低栄養状態
  • 栄養失調

食物繊維は腸内で溶けずに、便に残り水分を維持してくれます。

普段から食物繊維の少ない食事を取っていると、便が乾燥しやすく硬くなり便秘を悪化させやすいんですね。

 

また、慢性的な脱水も同じ理由から便秘を悪化させる原因になります。

 

低栄養状態や栄養失調は、腸の働きを弱くさせたり、便の量が減ることで便が腸の中に長時間留まり、乾燥し硬くなり排泄しにくくなって便秘が悪化します。

 

 

便秘と偏食の関係

便秘 つらい

「野菜を食べないと食物繊維が摂取できないから便秘になるよ!」と子供の頃に親からしつけられた経験はありませんか?

 

野菜嫌いだと便秘になると良く言われますが、これは本当にあっているのでしょうか?

 

便秘と偏食の関係は、先ほど説明した便秘が悪化する原因の「便量の減少と乾燥」にあります!

 

偏食によって便の量が少なかったり、便の水分量が足りずに乾燥してしまうと便秘になってしまいます。

 

偏食で便の量が少なくなると?

偏食の子供は好き嫌いが激しいため、ご飯を食べずにお菓子や甘いドリンク類を多く摂ってしまいますよね。

 

そうすると腸で何が起こるのかといいますと、食事量が少ないため便が少なく、さらに食事を埋め合わせるのにお菓子やドリンク類を食べると、それらはカロリーが高いのに便になる量が少ないため、相乗効果で便の量がとても少なくなります。

 

すると、便が腸内にとどまる時間が長くなり、その間に便が乾燥し硬くなって、宿便として腸に張り付いたり、直腸のあたりでずっと留まっている事になります。

 

偏食で便が硬くなりやすくなる

さらに偏食で野菜をあまり食べない子供は食物繊維が不足します。食物繊維は腸内で溶けにくいので、便に混ざって水分を保持してくれる役割を持ちます。

 

なので食物繊維が少ない子供は、便が乾燥しやすく硬いコロコロうんちになりやすいんですね。

 

食物繊維は便の水分を保持し乾燥を防いでくれるだけじゃなく、大腸内で発酵して腸を刺激し蠕動運動を助けてくれる役割も持ちます。

 

 

家で子供の便秘を治療するには?

子供の便秘

子供さんが便秘で苦しんでいる時は、まずは病院で診察をしてもらいましょう。

 

便が単純に出ないだけじゃなく、何か病気の影響で便秘になっている可能性がありますので、先生に診察してもらえば安心できますよね。

それに現在の便秘をまず解消するために、グリセリン浣腸や座薬を使ったり、指で便を掻き出す摘便処置を行ってくれると思います。

 

病院で便を出してもらえば、次は便秘症を改善するために整腸剤や、家庭で出せるように下剤が処方されることがあります。

 

家庭で便秘を改善するには?

病院にいくほどの便秘ではなくて、自分で子供の便秘を改善するなら、便が出るための腸内環境を整えてあげることが大切です。

 

『便秘を悪化させる原因は?』の章の『便量の減少と乾燥』でも解説したとおり、便が出やすいようにするために大切な事は3つです。

  • 充分な便の量を保つ。
  • 腸の蠕動運動を活発に!
  • 腸内の便の乾燥を防ぐ。

「充分な便の量を保つ」には、便になりにくいスナック菓子などでお腹を膨らませないように、子供にきっちり3食、食事を取らせるだけで大丈夫です。

そして、腸の運動を活発にするには腸内環境を整えてあげることが大切です。

 

子供の腸内環境を整えるなら安全なオリゴ糖の人気が高いので、使ってみるのもいいかもしれません。

「慢性便秘に対するオリゴ糖使用の効果」は論文でも証明されています。

玉江正明氏の論文【排便コントロール : 慢性便秘に対するオリゴ糖使用の効果】

 

そして腸内で便が乾燥し硬くなりにくくするために水分を維持するなら、食物繊維をたくさん摂るようにしましょう。

食物繊維は腸内で溶けずに便に混ざり、水分を維持してくれます。

 

できれば野菜から摂取するのが一番ですが、子供が野菜嫌いで便秘になっているなら、サプリメントから摂取するのもいいかもしれません。

 

 

食事を工夫して便秘を改善しよう!

便秘 食物繊維

食事を工夫することで、便秘は改善できますし予防できます。

 

ところが大人なら便秘にいい食品を食べることができても、子供はそれを理解できずに好き嫌いで食べないことが多いですよね。

 

そこで、子供が比較的大好きで腸内環境を良くする食品・食材をご紹介します!

 

子供の腸内環境を整える人気食材

子供の腸内環境を整えて蠕動運動を正常に働くようにする食材です。

ヨーグルト
ヨーグルトは善玉菌の効果で腸内環境を整えてくれます。細かく言えば市販のヨーグルトの製品によって、含まれる菌株の株の効果が違いますが、便秘には基本的にどんなヨーグルトでも効果が期待できます。

きな粉、玉ねぎ、はちみつ
オリゴ糖がたくさん含まれる食材の中で、子供が好んで食べやすい食材です。特にきな粉はオリゴ糖の含有量が高く、デザートにきな粉をかけたりして子供に摂取させることができます。

 

食物繊維がたっぷり含まれている食材の中で子供に人気の食材を食物繊維の多い順に並べました。

スイートコーン、ポップコーン、そば、さつまいも、きんつば、りんご、スパゲッティ、バナナ

 

スイートコーンは食物繊維が非常に多く、子供も大好きだと思いますので、とうもろこしを茹でたり焼いたりして食べさせてあげるとたっぷり食物繊維を取らせてあげることができます。

 

そば、さつまいもにもたっぷり食物繊維が入っていて子供に食べさせやすい食材です。驚きなのが、お菓子類ではポップコーンやきんつばにも食物繊維が多く含まれます。

 

ただ、塩分や糖分が多いので食べさせる量には注意したいですね。

 

このように、子供が好き嫌いせずに食べそうな食材にも、オリゴ糖や食物繊維がたくさん含まれているものがありますので、偏食や野菜嫌いの子供でも便秘解消に効果が期待できる食品を摂取しやすいと思います。

 

もし、それでも子供さんがオリゴ糖や食物繊維が豊富な食材を食べない場合は、子供用のサプリメントに頼るのもいいかもしれません。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

子供 偏食

人気記事TOP10

子供 孤食 1

偏食の一番怖いところは、「偏食の悪影響」が、子供が成長し大人になってから判明することです。   子供に好き嫌いが多くて偏食だと、成長に必要な栄養が足りなくなり健康や発育に大きな影響を与える可 ...

子供 サプリ 2

子供が偏食で必要な栄養素が摂取できない、共働きで子供に必要な栄養素を考えた料理を作る余裕がない…。   ご家庭により様々な理由があるとは思いますが、もし子供用サプリメントを子供に飲ませてあげ ...

子供 野菜嫌い 3

子供の野菜嫌いを治す方法としては、野菜のレシピを工夫して子供でも食べることができる料理を作ることが一般的です。   でも、味や食感をいくらごまかしても頑固に食べない子供はいますよね…。 &n ...

子供 集中力 4

子供に集中力が無くて困っているご家庭は多いと思います。   特に最近は昔に比べると携帯ゲームにスマホと手軽に楽しめるものが身近にありますから、特に集中力がないお子さんは、家庭学習が疎かになっ ...

子供の便秘 改善 5

子供の便秘に困っているご両親は、やっぱり偏食との関係を疑ってしまいますよね?   「子供が野菜嫌いなので便秘になっている」とか「お菓子ばかり食べているから便秘になる」と考え、なんとか野菜中心 ...

子供 口内炎 治らない 6

子供・幼児の口内炎の原因は、大人と同じで本当にたくさんあります。   一番多いのは、単純に口腔内の粘膜を自分の歯で傷つけたり、食事時に噛んでしまって起こるカタル性口内炎です。   ...

adbd9e2662bc87958bae5ef74b9cfb82_s 7

子供が大好きなものの1つに炭酸飲料があります。   コーラやサイダー、最近では果実ジュースに微炭酸を入れて口当たりを良くした清涼飲料水もたくさん販売されています。   この炭酸飲料 ...

子供 食習慣 8

最近、太り過ぎの子供がアジアで問題になっていますよね。   太りすぎの子供と言えば、アメリカといったイメージがありましたが、近年は中国や東南アジアでも親の甘やかしによる子供の肥満が問題になっ ...

子供 野菜嫌い レシピ 9

偏食の子供でも食べやすいレシピを紹介しています。 ここでは野菜嫌いの子供でも野菜をたっぷり摂れる料理をシェアしますので、よかったら参考にしてください。   子供が偏食になってしまう3つの原因 ...

子供 背を伸ばす 10

子供の偏食に悩むご家族さんは、成長期に栄養不足でも標準以上に成長できるのかな…と心配になっている方が多いと思います。   特に、男の子がスポーツでいい成績を残したいと頑張るお子さんだったり、 ...

-偏食と病気
-, ,

Copyright© 子供の偏食トータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.